アカウント停止もあるのか?割賦販売法情報提出

今日の昼Amazonから電話がありました。


「割賦販売法情報提出のメール送るから記入して提出してね
ずーとスルーしていると出品停止とかアカウント停止とかになるかもよ」

 


とのこと


なんかようく分からないこと言っているけど提出するだけならさっさとやって
おこうと。

入力し提出しました。


送信ボタンを押した後に気になる文字が

「審査が終わりましたら・・・・・」


審査?

審査とかあんの?


軽い感じで対応していたのですが


割賦販売法情報提出というのは
クレジット決済をしている業者はカードの不正利用撲滅のために情報を提供してくれという事らしいです。

普通のセラーであればビビる必要もなく、何ら気にする必要もなく入力提出すればいいだけです。

ただ私の今回の場合はサブアカウントの方にこのメールが来ました。


このサブアカウントの方に来たというのが個人的には問題で
私のサブアウントは4年以上前に作ったアカウントで
今みたいに新規アカウントの作成が厳しくなる前でした。


なので住所とかも割とテキトーですし
登録者も私の父の名前にしてたりします。


当然というか当たり前のように
この割賦販売法情報提出の記入の時も
今では絶対にアカウント作成できないであろう登録情報をそのまま入力して提出しました。


しかも生年月日とかも超適当w


実際に審査するのは一般社団法人日本クレジット協会 加盟店情報交換センター
っていうところらしいです。

どんな審査をするのかわからないのですが。


ただの情報入力と提出だけだと思っていたのに
審査があるとなると落ちる可能性が高いのでは?

なにせすべて正規の情報で作ったわけではないアカウント情報そのまま入力して提出したのですから。


そして審査が落ちた場合ですが。
それでいきなりアカウント停止とかに発展するかはわからないです。

実際に審査をするのはAmazonがやるのではなく
日本クレジット協会なわけなので
可能性としては入力情報に不備があったのでもう一回入力して提出してね。

とかでしょうか。


ただそうなったらそうなったで、
正しい情報を提出できるのかは微妙な所なので


ずーと提出できないとかなったら今日のAmazonからの電話で言われた通り
アカウントの停止に繋がるのかも。

とか考えたりしています。

最悪そこまでの事態になるのはもう少し先のことかもしれないですが

サブアカウントの停止もリアルに考えておかないといけないかもしれないです。


サブアカといえどそこそこの収入にはなっていたので
もしこのアカウントを今後運用できないとなるとかなりの痛手です。

アカウントの停止になったら現在出品中の商品とかはすべて返送できたりするものなのでしょうか?


アカウントの停止とかになっても現在出品中の商品をすべて回収できるのであればダメージは最小限にとどめることはできるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です